コラム の一覧

あなたの仕事は社外で役立つ!? プロボノで分かる、あなた自身の本当の実力

代表の玄道です。今日は自分にとってのプロボノ活動について書いて見ますね。

 

私は活動を立ち上げてから10年近くこの活動をしています。私が10年前に活動を始めた時には「ボランティア? お金にならないのに何でそんなことするの?」とか言ってくる人が割といました。あと、社会貢献しているとなんか高尚な良い人と捉えられたり。(まぁ、私は割と良い人ですけど)

そもそも人生における豊かさってお金だけじゃないと思うので、ボランティア=無報酬じゃないと思うんですが…。私がなぜプロボノ活動を続けているかは単に楽しいから。好きだから。活動が「結果として」社会のためになるから。そして、何より自分の成長に大きく寄与しているからです。

プロボノとは自身の経験をNPOなどの非営利活動に活かすことを指しています。私がプロボノ活動を始めて最初に衝撃を受けたのは 自分に出来ることが何もない(^o^)/ということ。

当時社会人2年目とかだったので、一応会社では仕事をしていたのですが…それってその会社を出てしまえば何にもならない (もっとちゃんと伝えると何にもならない仕事の仕方をしていた)ことに気づいた。これが最大の収穫だったと今でも思っています。

当時はカスタマーセンターみたいなところで海外航空券の手配や旅行のアレンジの仕事をしていましたが、出来るようになっていたことって社内のイントラネットの使い方覚えたとか、商品説明が出来るようになっていたとか、その会社でしか使わないことが出来るようになっていただけでした。つまり、手順を覚えていただけで、仕事が出来るようになっていた訳じゃなかったということ。

他のメンバーと資料作成しようとしたら作れないし、営業しようとしたらやり方わからないし、取材に行こうと思ったらやったことないし記事も書いたことないし、本当できないことだらけでびっくりしました(笑)

それ以降、会社で働いていても「汎用的なスキルは何か?」を考えて働くようになり、例えば電話対応をしていても、「お客さんのニーズを聞くような関わり方を身につけたらこの会社でなくても活かせるかも」とか、社内の顧客登録システムを見ても「こういう項目があったら、こう活かせるよね」と考えるようになったり。この会社の仕事じゃなくても活かせることは何かを考えながら働くようになりました。

私、フリーランスなのでよく勘違いされるのですが、安定志向です。ただ、「明日会社がなくなっても生きていける自分でいること」が最大の安定だと思っているので、働き始めてから早い段階で汎用的なスキルを身につけることに目が向いたことは本当によかったなぁ。

そもそもプロボノ活動で取材をして記事を書くことを始めたのでライティングスキルもある程度身についたし(あんまり公言してないけど、ライターの仕事もちょっとしたことあります)、そもそもファシリテーションも最初はプロボノ活動で「会議が上手くいってないな」と感じ始めたところから学び始めて今の仕事に繋がっているし、ITツール全般は割と今の活動(Webサイトの運営)をしてきた中で身につけたものばかり。

浅く広く色々出来るのはプロボノ活動のおかげだし、活動そのものから金銭的な対価が得られなくても、別でしっかり金銭対価をもらえるようになりました。例えば、運営サイトの記事を書いてたらライターの仕事がきたことがあるし、プロボノ団体でしていたオンラインミーティングの方法をセミナーでやったり、あとNPO関係の講座の仕事がきたり。  目先のことでお金がもらえないからどうのこうの言う人って超がめついな〜と思う。

私が今の組織開発の仕事に行き着けたのは、全てプロボノ団体で活動していたおかげだと思っています。(そもそも、ボランティアを探すという行為そのものが、お金という価値観を外して自分の時間の使い方を探るということだからね。)

そんなわけで、来月はそんなことを感じているメンバーと一緒にイベントをやろうと思っています。

(プロボノ関心者・初心者向け ) プロボノでキャリアアップできる人、できない人

日時は6月14日(金)19:30〜で場所はYahoo LODGEです。すごく素敵な場所なので、関心がある方はぜひ遊びにきてくださいね。

プロボノ団体を続けるには? その3. あなたにとっての報酬は?

photo-1450101499163-c8848c66ca85-2

その1その2もよろしければ合わせてお読みください。

前回までのコラムでプロボノ団体を続けるには、まず集める人を丁寧に決めて、どんな人に入ってもらいたいのか、もらいたくないのかを決めるということを書きました。

今回は入ってもらう時に確認したいこと、という話です。

うちの団体は入ってもらう時に確認することは

  1. ミッションへどれくらい共感しているか
  2. 活動することのあなたにとってのメリットは
  3. あなたの人生と活動はどう重なってますか

3点です。(後は、前回書いた、今のメンバーと合うかどうか)

今日はなぜこの3点を確認しているか、と書いてみようと思います。

1. ミッションへどれくらい共感しているか 

ミッションへの共感は高ければ高い程、活動を長く続けるモチベーションになるから、です。これは自分たちでもアンケート調査をしてみたことがありますが、ミッションへの共感が高い程活動は長く続けているという結果が出ました。

私たちは中間サポートの団体なので、他の社会問題を扱う団体ほど原体験を持った共感が難しい(例えば、自分が幼少期に「こんな風に過ごしたかった」という気持ちを持っている人は子ども支援の団体に目が向きやすい、など。)団体なのですが、それでもプロボノすることの価値を体感しているメンバー、多様なメンバーが力を合わせて物事を生み出す楽しさを実感しているメンバーを集めています。

ただ、これも団体の活動の性質によります。うちの団体はメインがサイトの運営なのでちょっと参加して「飽きたからやめます!」っていう人は困っちゃうんですよね。でも団体によっては1回イベントに来てくれるだけでも受け入れたい団体もあると思うので、本当に、活動の性質によりけりだと思います。

2. 活動することのあなたにとってのメリットは

活動に参加することのメリット、つまりその人にとっての報酬は何かということを確認しています。プロボノなので金銭対価が発生しないケースの方が多いですが、それに変わる対価は何か、という意味ですね。

多くの場合はそれが「経験」だったりするのですが「どんな経験ができたらいいのか」ということを少し具体的にイメージしてもらえるようにします。(こういう人に会えたら嬉しい、とかこんなチャンスがあったらいいな、とか)もちろん、全て叶えてあげられるわけじゃないのですが話をしておけば、近いチャンスがあった場合に、それを希望するメンバーに渡してあげることができます。

3. あなたの人生と活動はどう重なってますか

人生、というと重たく感じる人もいるかもしれませんが、活動することが自分の人生に置いてどういう位置になるのかを把握できているメンバーの方が主体的かつ長く活動を続けてくれます。

(実際に記入してもらうシートを作っているのですが、「この活動があなたの人生とどう重なるのかゆるいイメージを教えてください」と書いてあります笑)

未来のことなので、ぼんやりとこうなるといいなーというものでいいんです。それでも自分にとって「どんな意味を持つ活動なのか」が分かっていないと、仕事がいそがしくなった時に活動を続ける意義が見出せなくなって辞めたくなってしまう。そんな時に自分にとってプロボノがどういう位置付けなのかを自分の中に持っているかいないかでは大きく変わります。

いかがでしょうか。私たちはあくまでプロボノ団体で全員が仕事をしながら続けていかないと活動が成り立ちません。もちろん人生には様々なステージがあり、その人のタイミングで活動を卒業する人もいるのですが、長い人生のひと時を「これがやりたいから!」という自発的な気持ちで繋がることができるのは幸せな経験だと思うのです。

次回は、実際の活動でどんなところを気にしているかについて書いてみようと思います。

プロボノ団体を続けるには? その2. どんな人を受け入れる & 受け入れない?

A photo by Alejandro Escamilla. unsplash.com/photos/BbQLHCpVUqA

 

前回から始めた 「プロボノ団体を続けるには?」シリーズ。

もちろん続けるだけがすべてではないのですが、何かしらの気持ちがあって始めた以上、運営に悩んで辞めるということは割けたいですよね。

 

今回の「プロボノ団体を続けるには?」は

 

その2. どんな人を受け入れるのか &  受け入れないのか  を決める

 

です。どんな人を受け入れるのか、は前回の “自分たちの団体に欲しい人を具体的にイメージする” に近いのですが、今回は、応募があったあとの受け入れるルールを決める、というものです。

 

 

ボランティアってもしかして応募があったら全員参加できると思っていませんか?

 

 

もちろん、どんな人でも受け入れて一緒にやりたいというスタンスの団体なら、それでいいと思っています。ただ、私たちは応募があった = 全員どうぞ、にはしていません。 私達の団体は全員がそれぞれ別の仕事を持ちながら活動をしているため、親切にしてあげる ( 逐一アドバイスしてあげたり、フォローしてあげたり、こちらから気をきかせてあげるという意味) ことに限界があるんですよね。

 

 

作業はすべて教えてください。

言われたら動きます。

教えてくれないと分かりません。

丁寧に聞いてあげないと自分の意見言えません。

 

という「待ち」の人がいるのは、やる気があるメンバーの時間をその人のフォローに費やすことになり、結果として活動が進まないっていう… ( これ、前回も書きましたが )。 なので会ってみて上記のような印象を受ける人はこちらからごめんなさいしています。

 

全員採用するのがいい、悪いの話ではなく自分の団体はどういうスタンスをとるのかを決めるのが大切という話ね。

 

 

また、うちの団体の採用方針の1つは、一緒に活動する時間が長くなりそうなメンバーがYesと言わない限りは採用しない。という方針をとっています。 例えば、エンジニアの方を募集した場合、入ってもらった後、今エンジニアとして活動しているメンバーと話すことが最も多くなります。なのでこの場合、現在参加しているメンバーが「一緒に活動したい」と思わない限りは入れない、という方針。 ( 例え代表の私が「いい人じゃん」と思ったとしても、です。)

 

 

これって結構、人数が少ない団体にとっては大事です。私たちは人間なので、やっぱり「合う、合わない」が本能的にありますし、プロボノ ( =自発的に行なう活動 ) であまり合わない、好きじゃない人と一緒にいるって苦痛ですよね。「この人と一緒に活動したい」という気持ちが活動をしていてもいいものを生み出す可能性が高いので、(仲悪いけどすごく成果あげてますって団体、知らないし… ) 合うかどうかという感情的な側面も大切にしています。

 

「活動に参加したいです!」

 

と言われたとき、あなたの団体ではどのように受け入れていますか。 どんな人を受け入れ、そしてどんな人は「受け入れない」のか。(意外とどういう人は受け入れないか、の方が見落としがちです )  団体として方針を決めておきましょう。

 

 

 

プロボノ団体を続けるには? その1. どんな人が団体に来て欲しい?

Processed with VSCOcam with g3 preset

 

こんにちは。Social Marketing Japan代表の玄道です。
今回からちょっと趣向を変えて(?)、何度かに分けて「なぜ私達が活動を続けることができているのか?」について書いてみたいと思います。私たちは活動を始めたのが2009年なので、、実は8年以上!活動を続けることができています。運営形態は変わらず、全員がプロボノ。私達がゆるやかに、でも活動を続けることができているのはなぜでしょうか。何度かにわたって、運営してきて分かったコツをご紹介したいと思います。(質問もお気軽にどうぞ!)

 

 

その1. 自分たちの団体に欲しい人を具体的にイメージする

さて、最初の内容は「自分たちの団体に欲しい人をイメージする」です。当たり前じゃん、と思うでしょ。けれども もんじゅに問合せをしてくる団体の方は(私達を含めて)慢性的な人手不足の団体も多いため、「誰でもいいから手伝って…」となりがち。私達も活動を初めた当初はそんな感じでした笑。

 

もちろん、時期によってはそういうこともありますし、どんな人でも活動できるフィールドがある場合はそれで問題無いでしょう。

ただ、私達のような全員がプロボノ (=別に仕事をしながら活動)している場合は、会える頻度が少ない = それぞれが作業する必要がある = ある程度自立して働くことが出来る人でない難しい  です。

 

活動を初めた当初は、採用の入り口をゆるくし、(なるべく入ってもらい) 手厚くフォローをするようにしていました。しかし! そもそもうちの団体とあっていない ( 雰囲気やメンバーと合わない、ももちろん人間だからあると思いますし、思ったいたことと内容が違った、プロボノがちゃんと分かってなかった、も… ) 場合はどれだけフォローを頑張ろうと辞めてしまうんですね。

 

( なので、私は本来、サイトの運営やどうやって活動を良くしていくかを考えたいのに、新しく入ったメンバーのフォローばっかりをしていて自分自身が「あれ…どうして私はこんなことをやっているんだろう」と我に返ったことがありました。)

 

そこから、採用の入り口のハードルを上げるように方向転換をしたのです。最低限、ここだけはというところを話し合い、HPに載せるようにしています。こちらですね。 例えば、私たちはサイトの運営がメインの活動なので、長く続けたいという意思がある人、オンラインの活動が多くなると思うのでコミュニケーションを大切にして貰える人、が重要項目になってきます。

 

もちろん、団体によっては「1回限りでも来てもらえたらいい!」という場合だってあるでしょう。

 

ただ、なんとなく「人が欲しい!」ではなく、「どんな人が団体に来て欲しい?」かを考え、しっかり明示することが最初のマッチング率をあげその後の活動への定着率につながります。ぜひ「どんな人と一緒に活動をしたいのか?」について、団体で話し合ってみてください。