活動レポート の一覧

5月活動レポート もんじゅのこれから

5月のミーティングを行いました。
しばらく顔を出せていなかったメンバーにも会えました。
久々に会うと、メンバーの近況を聞くのが楽しいですね。
今回のミーティングでは、今後の活動について話し合いました。
実は、もんじゅでのNPOとボランティアのマッチングサービスを、6月末にて終了することとなりました。
長きに渡って多くの方々にご愛顧いただいてきたサービスですので、私たちにとっても、サービスの終了は寂しい思いがあります。
これまでご利用くださった皆様、本当にありがとうございました。
これからは、さらに新しい働き方を模索する組織にしていきます。
これまでの取材記事は残しますので、NPOやパラレルキャリアにご関心のある方々は、今後も記事を参考にしてもらえたら嬉しいです。
SMJメンバーの中で、最近よく働き方が話題にあがります。
SMJには、様々な働き方をしている人がいます。フリーランス、個人事業主、転職経験者、起業を考えている人、長年1つの会社で働いている人。
これからは、この多様な仲間たちから生まれる「新しい働き方」を考えていきたいと思っています。
様々なバックグラウンドを持ったメンバーの相乗効果で、何が生まれるのか!?私たちも楽しみにしています。

2月活動レポート ビジョンの再構築

2月のミーティングを行いました。
(12月と1月もミーティングを行っていたのですが、活動報告ができておりませんでした…。)
2018年は、Social Marketing Japanが10周年を迎える年です。
10年前と現在では社会の状況が変わっているので、Social Marketing Japanの役割をもう一度見直そうということになりました。
と言うわけで、現在はビジョンの再構築を行っています。
私たちが運営しているパラレルキャリア支援サイト「もんじゅ」も生まれ変わる予定です。
今回のミーティングでは、各々のSMJメンバーが「なぜ活動を続けているのか?」「活動を通して得ているものは何か?」を伝え合いました。
SMJには様々な職業の人達が集まっているので、多様性が魅力であるという意見が多く出ました。みんな違う考えを持っているけれども、それをお互いに認め合っている場はとても良いなと思っています。
今回の話し合いを踏まえて、パラレルキャリアの楽しさを伝えるサイトをつくっていきたいです。

11月活動レポート イベントの振り返り

11月12日に定例ミーティングを行ないました。

ミーティングでは、主に先日のイベントの振り返りをしました。

参加者の傾向を分析したところ、プロボノ経験が豊富な人も多く参加されていたようです。プロボノ経験者の方々とイベントで繋がりを作れたことは、とても良い機会になったと思っています。

ただ、「プロボノ」というキーワードに反応する人は、世間一般にはまだ少ないのかな?という印象を持ちました。

参加者の中には、これまでプロボノの活動はしたことが無かったけれど、ゲストスピーカーの話を聞いて興味を持ってくれた人もいたようです。そのような声を聞くことができて、イベントを開いてよかったなと思いました。

私たちにとっても、SMJ以外のプロボノ実践者と交流したことは良い刺激になりました。

今後もイベントを企画したいと思います。

イベントを開催しました

みなさん、こんにちは。

11月8日、神保町のテラススクエアにて、「プロボノで、キャリアアップできる人、できない人」を開催しました。

仕事帰りにもかかわらず、多くの方にご参加頂きました。

プロボノの活動から本業へと繋がるスキル、プロボノをしていて良かったエピソード、両立するためのコツなど、ゲストスピーカーによる講話やその後の交流会を通して、和やかな雰囲気の中、終える事ができました。

参加者の皆さんと交流をすることができ、私たちも今後の活動に繋がるきっかけが掴めたように思います。 これを機に、 プロボノに興味が持てた! という、参加者の方の声が私たちにとっては大きな成果でした。

今後も皆さんに楽しんで頂けるイベント企画に励んでいきます。 ありがとうございました。

(9月の活動レポート) ライフスタイルの変化とプロボノの関係性

9月の全体ミーティングを行って来ました。(レポートを書けていませんでしたが、ちゃんと毎月実施しています♪ )

 

特に今年に入ってから、ライフステージに変化が訪れるメンバーが多数いて、(昇進、転職、結婚、出産 etc. )なかなか思うように活動ができていなかったりします。今日は久しぶりのメンバーもいたので、お互いのことを話す時間を多くとりました。

 

自分たちが今、どんな状態か? そしてどんなことを知りたいか?聞きたいか?ということを話し合うことは、そのまま私たちの活動そのものにも影響を与えます。今日もイベントの開催に関してゲストスピーカーの1人は子どもがいる人が良いのでは?という話にもなりました。イベントはプロボノ活動をしている/していた人を何名か読んで、クロストークのような形式で行おうと考えています。

 

こちらのページで情報発信をして行きますので、関心がある方はぜひフォローをしておいてください♪

プロボノでキャリアアップできる人、できない人

 

6月活動レポート 半年間の振り返り

昨日は、半年間の活動の振り返りを行いました。

普段は京都に住んでいるメンバーも参加してくれました^^
この半年間にできたこと・できなかったこと・今後やりたいことを話し合いました。
6月に予定していたイベントは、集客が思うように進まず、開催を見送ることになってしまいました。
そこで、全員で反省点を出し合い、内容・集客の仕方を見直しました。
次回のイベントに向けて、また準備を進めていきます。
どうしても、普段は目の前のタスクだけに集中してしまいがちです。半年に一度振り返りをすること、また次の半年の道筋を立てることで、Social Marketing Japanの方向性を確認することができました。
私たちは、ミーティングを月に1回行なっています。と言うことは、ミーティングを欠席した場合、数ヶ月間顔を合わせられなくなってしまうということ。ミーティングを欠席したメンバーでも、コミュニケーションをとりやすくしたいという意見が出ました。現在の状況(本業が忙しいなど)やミーティングの感想を、メンバー全員で共有していこうと思います。今回は、メンバー内でミーティングの様子を動画配信してみました。
SMJのそれぞれのタスクは、個人作業の部分が多いです。その中でSMJのいいことろは、忙しい人をフォローし合ったり、悩みを聴いてもらえる環境だと感じています。
この先の半年、今回リストアップした「やりたいこと」をメンバー全員で取り組んでいけたらいいなと思います。

5月活動レポート プロボノ関心者にイベントを知ってもらうには

SMJでは、ミーティングの最初にメンバー各々の近況報告をしています。(チェックインと呼んでいます。)
チェックインでは、体調・本業の状況・SMJの活動で困っていること・プライベートのことなど、全員で共有します。
自分の近況に対してアドバイスを貰えると、一人で悩まなくてもいいんだなと思えることが沢山あります。会社関係以外で相談できる場所があるのは、大切なことだと思いました。
SMJでは、全体ミーティングを月に1回行っている他、必要に応じてオンラインミーティングも行います。
メールやオンラインでのやり取りよりも、実際に会って話す方が意思の疎通がスムーズにいくなと感じました。
いつでもどこでも人とコミュニケーションがとれる時代ですが、対面で話すことの重要さを実感しました。
さて、6/14のイベントの準備も着々と進んでいます。
この度、ゲストスピーカーが決まりました!
後日、facebookのイベントページでスピーカーの紹介をする予定ですので、楽しみにしていてくださいね。
イベントの個人ワークの時間では、参加者が自分の関心や強みを分析できるようなシートを用意しています。
プロボノやキャリアアップに関心のある人達に、どうしたらこのイベントのことを知ってもらえるだろう?とメンバーで意見を出しながら、広報について考えました。
自分の経験を振り返ってみて、新しいことに一歩踏み出しやすい環境は大切だなと思いました。
イベントまで残り1ヶ月、SMJ一丸となって広報頑張ります!!
□■—————————-————————
6/14開催!!
「(プロボノ関心者・初心者向け ) プロボノでキャリアアップできる人、できない人」
お申込みはこちらから!
—————————————————-■□

イベントの打ち合わせをしました

6/14に行うイベントの打ち合わせをしました。
今回のイベントは、プロボノに関心を持っている人を対象としています。その為、参加者の方々が自分がプロボノワーカーになるイメージが持てるイベントにしたいなと思っています。
そもそも社会人スキルって何だろう?と思い、SMJのメンバーの場合を考えてみました。その結果、日常的に心掛けていることの1つひとつが、コミュニケーションを円滑にしたり、仕事のクオリティを高めることに繋がっているのだと気がつきました。
例えばコンサルタントの人は、依頼された仕事が「なぜ必要なのか」を考えて、ゴールをイメージしながら進めているそうです。また、クライアントがこれまで行ってきたことや大切にしていることを、尊重しているとのこと。
これらのことは、まさにプロボノで活かせます。
プロボノ先の団体の理念・プロジェクトの目的を大切にすることは、成果を出すにあたってとても重要なことだからです。
自分が所属している団体では当たり前のことであっても、他の団体にとっては新しい視点ということもあります。
それを知ることができるのも、プロボノの楽しみの1つだと思います。
ゲストスピーカーはただ今調整中ですので、お楽しみに!
申し込みはこちらから。
http://ptix.co/2pfD7fV

多様性を活かすとはどういうこと? 経験が異なるメンバーとのイベントの作り方

 

今日は毎月実施している全体ミーティングでした。
主に話ししたのはイベントの話し合いとサイトのリニューアルの進捗について。

 

うちの団体は、同じ職種の人がほぼいないというくらい、皆の経験分野が異なること。
なので、イベントを創り上げる過程の話し合いでは、それぞれの業界の視点からの質問が飛び交って楽しいです。

 

例えば、マーケティングのメンバーだと、

「何のためのイベントか?」
「ターゲットは? その人たちのニーズは?」
「どうやって参加者の結果分析する?」

という視点が強く、全体をリードしてくれてますし、

 

デザインのメンバーだと、

「イベントページの写真、こっちが良いんじゃない?」
「ここに、こんな風にバナーを置こう」

と魅せ方を考えてくれますし、

 

入ったばかりのメンバーだと
「私は普段こうやってイベントを探しています」
「その流れだと自分ならこう感じます」

という意見をくれます。

 

 

今日は、秘書をしているメンバーが参加者に、気持ちよく参加してもらうために、申し込み受領の際にお礼とこちらの気持ちを伝えるメールを配信するのが良いのではないかという意見を出してくれました。

 

こういうちょっとした関わりが積み重なって当日のクオリティを高めるんですよね。


最近、打ち合わせの様子を動画に撮ってUPしています。 Facebookページもぜひ見てくださいね(^ ^)

 

異なる分野・経験を持つ人たちが1つのことを創り上げる。その過程はいつもとても楽しく、学びがあります。その際のポイントは、「ちょっとでも気になることは発言してみること」

 

自分の業界では当たり前、、、と思っていることが意外と他の人から見たら当たり前ではないことも多いし、それは別の分野で活かすことは強みになることも多いです。 (例えば、秘書の人からしたら、他者と丁寧なやりとりをするということは当たり前かもしれませんが、他業界の人はそこに重きを置いて仕事をしていないかもしれません。)

 

 

 

「自分が思ったことはとにかく言ってみる」、そしてお互いに「違う意見を聞きあう」ことで、多様なメンバーが1つのことを創る際にはどんどんクオリティが高くなります。(自分が出来ないところは、他のメンバーがやってくれますから…!)

 

もちろんその分時間はかかりますが、「一人だと速く一緒だと遠くへ」というアフリカのことわざ通り、遠くに行くために1つ1つを妥協したくないなと思います。来月の打ち合わせも楽しみです!

イベントの打ち合わせをしました

3月23日に、イベントの企画をメインで担当しているメンバーで集まって、5月に開催予定のイベントの打ち合わせをしました。

プロボノに関心がある人達がゲストスピーカーの体験談を聞いた後、どうしたら自分事に置き換えられるかなどを話し合いました。

参加者の皆さんが各々の関心やスキルを活かして、プロボノへの参加に一歩踏み出せるきっかけを提供できればいいなと思っています。

詳細が決まり次第ご案内しますので、楽しみにしていてくださいね。